包茎手術におけるカウンセリング

美味しいお酒

産後初めてお酒を飲みました。

 

 

 

当たり前の事ですが、妊娠してからずっとお酒を控えてたので2年ぶりくらいのお酒です。

 

授乳の卒業も終わっていたので、誰にもなにも文句はいわれません。

 

美顔器

 

自分でもよく大好きなお酒をここまで我慢することができたなと、驚きです。途中で挫折して飲んでしまうかもと、妊娠中から少し心配していましたが終わってみると、そんなことを思う余裕すらなかったのだと思います。

 

 

 

せっかくのお酒解禁なので、私の飲み友達二人を誘って飲むことにしました。

 

外で飲もうかとも思ったのですが、卒乳が終わったといっても子供もいるので、家にきてもらって一緒に飲むことにしました。

 

 

 

近くのスーパーで好きなだけ飲みたいお酒をカゴの中に入れて、おつまみも値段を気にしないでぽいぽい入れました。

 

精算の時に思わず笑ってしまうほどの金額でしたが、2年我慢してたことを考えると少ないくらいだなと思いました。

 

 

 

とりあえず最初の一杯はビールを飲みました。

 

飲みたい新作のビールが山のように出ていたので、どれにするか迷いましたが、好きな俳優さんがCMをやっていたものにしました。

 

 

 

辛口でのどごしのさっぱりした、私が好きな味でした。

 

妊娠中や出産の辛さを思うと、ビールの味が本当に美味しく感じられました。

 

 

 

しばらくはお酒を楽しみながら過ごすと思いますが、ほどほどにして子供との生活をまた楽しみたいと思います。

包茎手術について全般

包茎に悩む男性は日本中何万人、何十万人と存在しますが、包茎の種類によっては手術が必要な場合がありますので、真性やカントン包茎の場合は、包茎手術がオススメです。

 

 

仮性包茎でも手術は出来ますが、病気ではないので保証は効かず、治療は全額負担になりますが、十数万円くらいなので、そこまで高いというわけではありません。

 

日帰りで帰れますので、長期休みを取ったときなどに手術して、残りの日数は安静にしていれば通常通り仕事もする事ができます。

 

包茎手術は外科と美容整形外科が行う物ですが、跡を残したくない場合は美容整形毛ががオススメです。

 

美容整形外科は美容のスペシャリストが行うので、跡が残りにくいので、見られても包茎手術したとは全然気が付きませんので、跡が残ってコンプレックスになるよりかは、少し高めの手術代金にはなりますが、美容形成を選んだ方が良いと思います。

 

包茎手術をする病院は数多くありますが、中には必要以上の治療を受けさせようとする悪質な病院もありますし、包茎手術代金は病院によって多少は違いますので、ネットなどで評判や手術台を調べて、自分に合った病院を選びましょう。

 

包茎手術は怖い物ではないので、安心して手術を受けてください。

包茎手術におけるカウンセリング

包茎手術におけるカウンセリングはとても重要です。

 

包茎手術受ける方は千差万別、包茎の症状でさえバラバラです。

 

あなたはどんな手術を受けたいですか?どんな形のぺニスになりたいですか?

 

安く済ませたいですか?傷跡を目立たなくさせたいですか?

 

などなど、医師とのカウンセリングでこれらの要望を伝えましょう。

 

世の中の良い病院はカウンセリングを丁寧にじっくりと行います。カウンセリングもそこそこに、相談しに行った当日即手術しようとする病院も中にはあります。

 

そういったところは避けたほうが無難です。カウンセリングで何を聞いたらいいのかわからない方も多いでしょう。

 

大まかには次の5つです。1.手術費用、保険が利くかどうか。

 

2.手術の方法について。3.自分の包茎の状態について。

 

4.自分はこのように包茎を直したいと思っている。

 

5.アフターケアについて。以上のことを術前のカウンセリングで確認しておくと良いでしょう。

 

包茎手術によって崩壊が解消されれば、衛生状態もよくなり、臭いも解消されます。

 

また亀頭が常に外気にさらされることによって早漏改善に寄与する可能性もあります。

 

何よりも包茎というコンプレックスから解放されて、自分に自信を持つことができるのが精神的にも大きいですね。

包茎手術に至るまでの葛藤

 

僕が包茎手術を受けようと思ったのは二年前恋人ができその人と結婚したい。

 

そう思ったからです。23歳になっても剥けないということは僕にとって計り知れないプレッシャーでした。

 

男同士の集まりになるとたびたび自分のイチモツのサイズはどれぐらいだとか自分は完全に剥けているだとかそういう会話も出てきます。

 

中には仮性包茎で悩んでいる人も出てきて決まって周りの友人は「真性じゃないんならいいんじゃない?」とその子を慰めるのですがそのたび僕は心を痛めていました。

 

そういうこともあり僕はSEXが大嫌いでした。彼女は欲しいでもSEXはしたくない。

 

そんな葛藤をつづけるあまり結局彼女に手が出せず「お兄ちゃんにしかみえない」とか「やっぱり友達のままがよかった」といわれ別れを告げられることがほとんどでした。

 

結婚を決めた彼女は美容外科で働いている女性で豊胸や整形で悩む患者の姿をいつも見ていました。

 

だから僕が自分が真性の包茎であり自分はSEXが嫌いだと告げると彼女は泣きながら「つらかったね」と言ってくれました。

 

そのとき僕はあぁこの人とずっと一緒にいたい。

 

そしてこの人のために手術を受けよう…そう思いました。それからすごく恥ずかしい思いもしましたが今では手術をうけその彼女とも結婚しました。

 

包茎手術に踏み出すには周りの後押しが必要だと僕は感じました。

安全性が確立されている包茎手術

 

男性にとって包茎であることは、人によって感じ方の違いはあるものの、恥ずかしいことであることは間違いありません。

 

特に公衆浴場や温泉に友人と入る時などは、見られてしまう可能性も高くなります。

 

また付き合っている相手に見られると、自分に自信を持てなくなるケースも多いようです。

 

そうなる前に包茎手術を行なって、包茎である自分から生まれ変わってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

包茎手術とは、男性器の先端の皮がかぶっている部分を、手術によって露出させることを言います。

 

一般に成人になるとほとんどの男性は男性器の先端が露出するのですが、成長の違いによって露出していない男性の方も多くいます。

 

包茎手術を行えば簡単に露出させることができるので、試すことをおすすめします。

 

 

 

手術というと痛みが伴うのではないかと不安に感じるかもしれませんが、麻酔を行うことで手術の際の痛みはほとんどありません。

 

また手術時間も短いことから、身体への負担もかかりません。

 

すでに多くのクリニックで行われている従来からある手術法でもあるので、その手順や技術などが確立されている点も安心度が高いと言えます。

 

 

 

包茎手術を行うには、クリニックなどを探して訪れることになります。

 

いくつかある中から選ぶ際には、口コミや評判などを確認しておくと参考になります。